お金の智恵: 自己破産者でもキャッシングできる?

自己破産者でも、ブラックリストでもキャッシングできる

自己破産していても、ブラックリストでもキャッシングできる方法を知っていますか?

変な裏技ではありません。自己破産した後でも借りられる可能性のある、知る人ぞ知る金融機関があるのです。

過去に自己破産している場合でも、免責が確定していれば検討してくれます。

債務整理(調停・個人再生等)の場合は、手続きが終了し、その分割返済が開始され遅滞なく支払中であれば検討してくれます。



この会社は20年の実績があるので安心です。

インターネットからの申し込み」というページに行くと、入り口が二つ用意されています。

「入り口1」は「通常の申し込み」、「入り口2」は、「過去に『自己破産』『債務整理』『特定調停』をされた方はこちら」となっているのです。

アルコシステム

自営業であれば保証人が必要になります。

ダメでもともと。チャレンジしてみて損はありません。

 

任意整理という借金整理の方法

任意整理を知っていますか?

任意整理とは、債務整理の中の1つの方法です。

お金を借りると必ず利息をつけて返さなければならない、ということは当然理解して借りるのですが、利率が高い場合は、ほとんど利息に充当されて、なかなか元金が減っていきません。そのような状態で、さらに借り入れを繰り返し、結局利息ばかり返えして元金だけが増えていくという事になってしまいます。

多重債務で返済不能に陥る原因の殆どがこれに当ります。

任意整理は、弁護士や司法書士、または本人が債権者と直接交渉を行い、将来利息のカット、金利の引き下げ、などを行う事を言います。


任意整理のメリットとデメリットは、次のとおりです。
【メリット】
1)裁判所を使わないので、裁判所に行く必要がない 
2)弁護士、司法書士等の法律家が任意整理に介入した場合、各債権者からの取立てが止まる(これは自己破産、個人再生も同様) 
3)借金のうちの一部のみを整理することもできる。 
4)自己破産や個人再生のように官報などに公表されることはない。 5)利息制限法で引き直し計算することにより、業者から過払い金の返還をしてもらえる場合がある。 
6)自己破産のように各種の資格制限がない(保険外交員などの職に一定期間、就けない等)。 
【デメリット】 
1)個人信用情報機関(いわゆるブラックリスト)に登録される。今後数年間は銀行からも借り入れすることはできなくなる。クレジットや消費者金融での借入はできなくなるのは、メリットかも・・・。



貸金業規制問題が取り上げられたきっかけは、2006年一月に出された最高裁の判断です。(出資法の上限「年29.2%」と利息制限法の上限「年15−20%」の中間にある「グレーゾーン金利」が有効となる条件が厳しくなり、借り手側は『過払い分の返還』を求めるようになったのです。→「多重債務問題」の深刻化などでグレーゾーン金利が原則廃止となり、大手消費者金融各社は大幅な減益で、対応が変わりました。

2006年の新聞報道によると、無担保融資の総額は15兆5000億円で、うち大手10社(貸付残高5000億円超)が62%を占めた。金利別では年24%超が62%で、出資法の上限ぎりぎりの年28%超〜29.2%も23%。件数別でも76%、約4700万件が灰色金利での融資だった。


任意整理を依頼するときは、慎重に信頼できる弁護士や司法書士を探すべきです。なぜならその後の全ての手続きを弁護士、司法書士にまかせることになるからです。

多くの場合、各債権者と弁護士・司法書士との間で裁判前に和解交渉が行われ、過払金の額の7〜9割で和解が締結されることもあります。どのぐらいの割合で和解を締結するかを依頼者としての意見も弁護士・司法書士にしっかりと伝えておく必要があります。

全ての債務額を確定すると、それをどれぐらいの期間で毎月どのぐらいの額を返済していくか、しかも毎月借金の返済に充てることができる額というのが重要になります。ギリギリの生活ではなく、少し余裕を持った返済計画を立てる必要があるということです。

自己破産者でもブラックの人でも持てるVISAカード

自己破産して一番困ることは・・・、それはクレジットカードが使えないことでしょうね。

クレジットカードは一種の身分証明書のように使われてます。ネット決済とか、ネットで売買というときに、クレジットカードを持っていないということは、たいへんな不利益を被ることになるのです。

自己破産者でも、ブラックでも、クレジットカードをつくる裏技はないかとよく聞かれるんですね。

じつは、簡単な方法がありますよ。正確にはクレジットカードではないのですが、れっきとしたVISAカードです。

高校生でも作れるカードです。

自己破産者、ブラックの人に朗報ですね。

>> ☆日本初登場☆ [VISAデビット]

お金持ちにはなぜ、お金が集まるのか

お金で悩む典型的なタイプは、金銭に対する罪悪感を持っているタイプもあるが、まず、お金の使い方を知らないタイプだ。

少しでもはいってくるとすぐ有頂天になり、ギャンブル、投機などいろんなことにつぎこんでしまう。

入ってきた以上に使おうとはせず、入ってきたらそのすべてを使おうとはせず、少しずつ蓄えをしながら生活する。、そういう堅実さが必要なのだ。

まずこういう意識、心がけをしなければ、キャッシング、クレジットから永遠に縁は切れない。


最近話題のこの本にも、いきなりそういうことが書いてあった。

「お金はいかに稼ぐかよりも、いかに使うかだ」と。


お金持ちにはなぜ、お金が集まるのか

信念・思い込みの力

インターネットマーケッターの宮川明さんがメルマガで書かれていたこと。

彼は3回起業された。

最初は

「ビジネスはグレーなことをしなければ儲からない」と思ってた。
まわりにはグレーな儲け話がたくさん集まってきた。
そして300万の借金を作った。

2回目

「ビジネスは食べていくための手段」と思ってた。

結果、少しは稼ぐことはできたが、豊かになろうとした時にいつも予想外の問題が起こって、食べていけるだけのお金しか稼ぐことができなかった。

3回目

「ビジネス=人に感謝されてお金を貰うこと。そして、貰うお金=感謝の証だ」という信念を持って起業した。

その結果、多くの人に感謝して頂きながら多くのお金を稼ぎ、書籍を出版し、そして、多くの人に日本トップクラスのインターネットマーケッターとして知られるようになった。

信念・思い込みによって、得られる結果が変わったというのだ。

どの情報に反応するかが変わり、
そして、事実の見え方が変わり、
そして、心の持ちようが変わってきたと・・・。


意味深な、ものすごく考えさせられる話だ。

このブログでも、借金で苦しみ人のメンタリティをいろいろと考えているが、借金をするようになるにも、「信念や思いこみの力」が働いているのではないか?

 

宮川明さんというのは この人

Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:お金の智恵
エントリー:信念・思い込みの力

雪だるま式に増える借金

借金を整理せずにそのままほおっておくと、借金が雪だるま式に増えていく、
とはよく言うことだ。

しかし、実情をどのくらい実感しているだろうか?

借金を、借りては返す、借りては返すという自転車操業を続けていると、金銭感覚もかなり麻痺してきて、いったいどれだけ返したのか、減っているのか増えているのか、訳がわからなくなってくるというのが本当ではないか?

そして気がついたら、雪だるま式に増えた借金でにっちもさっちもいかなくなってるのだ。

<

------------------------------------------------------------

たとえば、100万円を年利29.2%で借りたとすると、1年後の利息は29万2000円になります。

ただし、実際には利息は毎月支払わなければならないので、毎月の利息を新たな借金で支払うとすると、1年後の借金の合計は133万4515円になります。

さらに、3年後には200万円を超え、8年後には1000万円を超えてしまいます。

------------------------------------------------------------

100万円の借金が、3年後には200万になり、8年後には1000万を超える??
よく自覚しよう。サラ金の利息29.2%という数字がいかに恐ろしい利率なのかがわかる。

一度サラ金から借りてしまうと、月々の返済のために、次々と別のサラ金から借金する、こうして借金が雪だるま式に増えていくケースが多いのだ。

 

 

イヤでもお金の貯まる節約術

ライブドアニュースで、「イヤでもお金の貯まる節約術 」という記事があった。

「節約生活を始める前に、まず“自分がどれだけ無駄使いをしているか”ということを自覚しなければなりません。そのためにも、家計簿は絶対につけるようにしましょう。飽きっぽくてなかなか続かない人は、レシートを貼るだけのやり方でもOK。とにかく続けることが大切です」だそうだ。

そして、「最も節約しやすく、かつ大きく抑えられるのが『食費』」とのこと。

 

やはり、生活習慣、生活観念が大きいのだ。

借金返済に役に立つツール

無料で提供してくれている、借金返済に役に立つツールを見つけた。


自分の借金総額はどれくらいなのか?

毎月の収支はどうなのか?


当たり前のことだが、これをはっきりさせない限り、借金返済は始まらない。

でも、わかっててもとても面倒だったりする。

 

それで、すっきりとエクセルファイルで計算できるようなものがあるのだ。

しかも、いま消費者金融のグレーゾーン利息過払いのことが話題になっているが、自分はどのくらい過払いなのか、それを簡単に計算できるエクセルシートも付いている。


まずは、自分の現実をしっかり把握することから始めよう。

冒頭の「■借金診断■無料レポート▼幾ら減りました?▼」というところから
請求すれば、すぐにダウンロード先が届く。

>> http://luckychance.livedoor.biz/312.html 

借金返済に追われている身では、なかなかお金を使えない。無料で有用なものはどんどん使わせていただこう。

キャッシング・クレジット虎の巻

逆さじょうご???

お金の法則、つまりは

お金の入ってくる流れを作るのか、
お金の出て行く流れを作るのか

それがポイントだ。

一番わかりやすく説明すると、

じょうごなのかじょうご

 

 

 

それとも、逆さじょうごなのか

逆さじょうご

 

 

 

と言える。

入っても、ちょろちょろと出て行くタイプか?

それとも、ちょっと入ったら、ドバーッと出て行くタイプか?(笑)

 

あなたはどちらか?


Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:お金の智恵
エントリー:逆さじょうご???

新生銀行は手数料が無料

もう、誰もが知っていることかもしれないが・・・、

新生銀行は、月5回までは手数料が無料だ。

特に借金返済にインターネットでの振り込みをする場合、Yahoo!オークションで落札代金の支払いをする場合など、けっこう振り込みをする機会は多い。

このときに、他行間の送金だと振り込み手数料だけでも200円300円はざら。

これが毎度のこととなると、銀行振り込み料だけでも馬鹿にならない。郵便局のぱるる送金でさえ130円の手数料を取られる。

また、最近はセブンイレブンのATMで入出金ができるが、新生銀行はその手数料も無料だ。

月5回だけの利用だが、新生銀行の手数料無料で送金できるサービス、賢く使いたい。

>> 新生銀行口座開設

キャッシング・クレジット虎の巻

クレジットカードを処分するだけで

クレジットカードは便利ですね。

急な入り用の時に、クレジットカードでとりあえず支払いが済ませられるのはありがたいし、ポイントとか上手に使えば、お金を得することもできちゃいます。

でも、便利な分だけついつい余計に買い物をしがちなのも事実ですね。

じつは、クレジットカードを処分するだけで何割かの出費を抑える事ができるのですよ。

手元にお金がなくても買い物ができるクレジットカード

これが結局不要な出費の原因になっているのよね。衝動買いの原因なんです。

クレジットカードを処分するだけで出費を抑えることができる、それはまちがいないことです(きっぱり)。

 

すべてのクレジットカードを処分するのは難しいという場合は、できるだけ持ち歩かないようにする。

財布に入れないのです。そして現金で買えるものだけを買うようにします。

クレジットカードにハサミを入れるのだ。

ヒロ・ナカジマさんの成功ノートより

ヒロ・ナカジマさんの、「ハワイプチ富豪の成功ノート」という本を、BOOK OFFで見つけて買った。

「ハワイプチ富豪」なんて関係ないだろ?と思ったのだが、パラパラと立ち読みしてみると、「プチ富豪になるための節約術〜お金を残せる人には独特の習慣がある」なんて記事があるものだから、思わずキャッシャーに向かってしまった。

〈図解〉ハワイプチ富豪の成功ノート

ヒロ・ナカジマさんによると、財布の中身を見ればお金を残せる人か、わかるらしい。

お金を残すための習慣の第一歩は、自分の財布の中をきちんと整理することから始まる・・・と。

常に自分の経済状況を把握することにつながるのだ。

 

確かに・・・、自分の借金がいまどのくらいあるのか、それを把握することから借金返済が始まるのと同じだ。

 

借金返済の歴史は、節約の歴史?

借金返済の歴史は、節約の歴史?

これは 3,265万円の借金返済への道ということで先日紹介した、さくらさんの言葉。

------------------------------------------------------------

節約と言うとスグに思い浮かべるのは電気や水道を無駄遣いしないように・・・
これももちろん大切ですが、借金に困っているのなら(いや、そうでなくても)
もっと大きい無駄遣いから手を付けるのが賢明です。

:::基本理念:::

「欲しいから」「安いから」という理由でモノを買いません。
許される理由はただ一つ「必要だから」です。

------------------------------------------------------------

もっと大きい無駄遣い=「欲しいから」「安いから」という理由の買い物

金言だ。

 

お金持ちになるには

岩元貴久さんのブログで、とても意味深なことが書かれていた。

要約すると以下のような内容。

 

------------------------------------------------------------

多くの人が、「仕事ができる人」と考えているのではないか

しかし、「できる人=お金持ち」は、誤った認識である。

お金持ちになるという目標に対して、「できる人になる」という手段は、残念ながら整合しないのだ。


では、お金持ちになるには、どういう手段をとることがよいのか?

それは、誰がやっても儲かるシステムを見つけて、それにタイミングよく乗ること。
------------------------------------------------------------

 

岩元貴久さんのブログ

 


Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:お金の智恵
エントリー:お金持ちになるには

金稼ぎに悩んでるんだったら

「金稼ぎに悩んでるんだったら、感謝の心を持てばいい。

感謝の心で一日を出発する人で、金に困っている人はいない!!」

 

これはスーパー外人、ジェームス・スキナーさんの言葉。

一日を出発するとき、心構えが違うんだという。

「今日、私は何を感謝しているか?」

「今日、私は誰を助けることができるだろうか?」

 

 

ジェームス事務所の無料メルマガでは、ジェームス・スキナーさんのメッセージが送られてくる。

http://www.jamesskinner.com/

「ケチ」ランキング?

livedoor ニュース でおもしろい記事があった。

節約を超えた「ケチ」ランキング発表!ということで、こんな行動はケチと見られますよ・・・ということが書かれている。

たとえば、1位は「1円(小額)単位で割り勘にする」らしい。

それで、「では、ケチな人にお金を払わせるコツはあるのでしょうか?」という話になっていくのだが、

 「女性の場合、有効的なのは甘え上手になることです。会計時にすかさず、“ごちそうさまです〜“と言ったり、“こんなところ来たの初めて!うれしい!”など褒めちぎって相手を持ち上げることがポイントですね」

 なるほど〜。では男性同士の場合は?

 「例えば、上司に多くお金を払ってもらいたい時なども同様。“ふとっぱら”“さすがですね!”などの言葉で気分よくさせて、プライドをくすぐることです。逆に、気持ちよくおごってくれる人は、“オレはこれだけ払える(できる)んだぞ”という見栄やプライドをアピールしている、ということですから」

こんなアドバイスが載っていた。

 

しかし私はフト気づいた。

自分を含めて、借金で苦しむ人というのは、この「甘えに弱い」「見栄やプライドでお金もないのにおごってしまう」タイプではないか!?

借金で苦しむ御仁は、せめてもっと「ケチ」になることを心がけよう!!


 


 

億万長者の言葉

億万長者の平秀信さんの言葉。

平さんは1億の借金を独立1年で返済し、2年目からは1億の経常利益を上げられたという。

何でも今年の県内長者番付1番とか?

 

「成功するにはまず腹を決める。この決意がなければ何をやってもうまくいかない。

不安に思っていたり、失敗するんじゃないかとか、そういう気持ちがあったとしたら、何をやってもうまくいかない。

もう自分が死ぬほど働くという決意をしなければ何も始まらない・・・ということだけは確かだ。」

修羅場をくぐってきた人だけに、説得力ある。


Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:お金の智恵
エントリー:億万長者の言葉

ユダヤ人大富豪の教え

本田健さんのベストセラー『ユダヤ人大富豪の教え』に出てくる話。

 

ユダヤ人大富豪は、本田健さんにこのように諭します。


「お金持ちはいつも、新しいチャンス・楽しいイベントのことを考えている。」

「逆に、お金に縁のない人は、月末の支払いとか、上司のグチばかり考えている。」


「君の考えが、人生で現実のものとなるんだよ」

 

耳に痛い話だ。ユダヤ人大富豪、あなどれない・・・。

 

お金をコントロールするための3つの原理原則

「世の中に役立つことをやっていれば、お金はあとからついてくる」

「ワクワクすることをやっていれば、成功する」

よく聞く言葉だが、それは本当か?

神田昌典さんは「非常識な成功法則」で以下のように語られている。

 

凡人がお金を得たいのであれば、「人に役に立つこと」「ワクワクすること」も重要だけど、それ以前に、お金についての原理原則を勉強する必要がある。

なぜなら、お金の習性をしらなければ、どんなに「人に役に立つこと」「ワクワクすること」をしても、お金は後からついてこないからだ。

お金をコントロールするための3つの原理原則>

(1)お金に対する罪悪感を持たないこと

(2)自分の年収は自分で決めること

(3)お金が入ってくる流れをつくること。出て行く流れをつくってはならない。

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。