借金体質: 自己破産者でもキャッシングできる?

借金体質の人、借金減っていますか?

貸金業規制法の改正によりグレーゾーンの撤廃がきまっているので、ほとんどすべての金融機関が、上限金利を守るようになりましたね。

アコム、アイフル、武富士といった消費者金融大手も18%以下の金利になっています。

そもそもいままでの28%とかいう金利が異常だったのね。複数の消費者金融から借金があって苦しんでいた人は、ずいぶん返済が楽になったのではないかと思います。


ただ、気をつけないといけないことがあるんですよ〜。

それは借金体質の人というのは、財布にお金があればあるほど使ってしまうのです。

10000円しかないのなら10000円で生活する。
9900円で生活して100円残す。

こういったお金の流れがあれば、いま貯金残高がなくても年月とともに間違いなくお金は増えていきます。

でも、借金体質の人というのは、10000円しかなくても、10100円の暮らしをしてしまう。
いつもマイナス100円になり、100円は前借り(ローンやクレジットカードで買い物)とか、借金して工面する、そんな人なのです。

こういう体質であれば、年月とともに借金が増えていくのは当然ですよね。

この体質、お金の流れを変えなければ、永遠に借金は減らないんです!!

お金に対する罪悪感

起業をしても、うまくいかない人に共通する心理があります。それはお金に対する罪悪感です。

「お金は汚いものだ」「お金儲けは悪いことだ」無意識にもそのような感情を持っていると、その如くの結果が出てくるんですね。「汚い」と思っているのだから、汚いと思っているものが貯まるはずはないし、寄ってくるはずはありません。

特に親が学校の先生だったりすると、そのようなお金に罪悪感を持つ人が多いようです。お金に対してどのような意識や感情、とらえ方をしているか?がとっても大事です。

また「お金は必要最低限あったらいい」と思ってると、それ以上は決して入ってきません。


「お金は感謝だ」
「お金は応援だ」
「お金は信頼だ」
そのような考え方が絶対に必要なんです。

そして「お金は諸悪の根源」ではなくて、「お金は諸悪の解決」です!


Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:借金体質
エントリー:お金に対する罪悪感

借金グセ

日本一のお金持ち、斉藤一人さんの本で読んだこと。

はっきりとは覚えていないが、だいたいこんな意味のことが書かれていた。

------------------------------------------------------------

子供のころ、1000円のお小遣いをもらって200円残した人は、大人になっ
て100万もらっても20万は残す。

しかし、子供のころ1000円の小遣いをもらってもぱ〜っと使ってしまって、
いつも200円足りない生活をしていた人、

月末には「前借り・・・」なんてしてた人は、

大人になって100万もらっても足りなくて、20万づつ借金してしまうのだ。

------------------------------------------------------------

結局メンタルな部分が変わらないと借金は無くならないということ。

借金グセというか、そんなものがあるんだと思う。

 


Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:借金体質
エントリー:借金グセ

お金に嫌われないお金の使い方は?

お金はあるところに集まる。お金が増える流れを作れ。

と言われると、お金をつかっちゃいけないのかということになるが、お金に嫌われないお金の使い方の秘訣があるという。

それは「余った分だけ使えばいい」というのだ。

神田昌典さんの非常識な成功法則 では、「マルサの女」に出てくる脱税犯の言葉でお金を貯めるコツを教えてくれた。

以下、引用させていただく。

「ポタポタ落ちてくる水の下にコップを置いて、水をためているとする。のどが渇いたからって、まだ半分しか貯まってないのに飲んじゃうだろう?これは最低。

なみなみいっぱいになるのを待って、それでも飲んじゃだめだよ。

いっぱいになって、あふれて、垂れてくるやつをなめて、ガマンするの」

 

 

 

お金の使い方を学べ

岩元貴久さんの講演CDを聞いて。

※岩元貴久さんとはこの人

 

「稼ぎ力をつけようと思ってセミナーに参加する人は多い。

しかし、私が言いたいのは稼ぎ力をつける前に、お金のリテラシーを身につけてほしい。

お金の使い方を学んでほしい。

そして投資力をつけてほしいということだ」

こんな話があった。

今、買おうとしているものは本当に必要なものなのか?

 


Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:借金体質
エントリー:お金の使い方を学べ

借金返済に追われる日々から、流れが変わる瞬間

毎月毎月の借金返済に追われて、借金が雪だるまのように増えている状態から、

借金が少しづつでも減っていく方向に、流れが変わる瞬間がある。

それは思考回路が変わる瞬間でもある。

 

借金返済に追われているときは、「今月はどうやって越えていこうか?どこからお金を借りて工面するか?いかにして金融会社の審査をうまく通そうか?」

そんなことしか考えられない。

頭の中は借金返済でいっぱい。

それが、あるとき

「どうやってもっとお金を稼ごうか?どうやって顧客を獲得しようか?どうやったら顧客を喜ばせられるか?困っている人をどのように助けようか?」

今になって思い出せば、スイッチがカチッと切り替わるように、思考回路が変わる瞬間があった。

 

 

借金という障害を不死鳥のごとく乗り越えるためには?その3

先回の「不死鳥のごとく、借金という障害を乗り越えるためにはどうしたらいいのか?」にひきつづいて、今回もまた、神田昌典先生のサイトの記事から抜粋する。

 

第3に、月次の事業計画をもう一度、見直して、

一心不乱に取り組むこと。

キミは手を打てないって、カンタンにいうけど、どうしてそんなに自分が失敗するに確信が持てるのか、私にはさっぱり分からないぞ。

今月の手数料は1万円しかないそうだよね。でも1万円も手数料があるともいえる。だって1万円あったら、電話は1000本できるよね。

しかもセールストークを徹底的に勉強して、絞り込んだ1000人に電話かければ、どうなるかな? キミの実力ならば、そこから契約が取れないほうが難しいと思うんだがな。

借金という障害を乗り越えるためには?その1

以下、神田昌典さんのサイトより抜粋。私自身、この文章に本当に助けられた。

 

不死鳥のごとく、借金という障害を乗り越えるためにはどうしたらいいのか?

 

第一に、お金の習性について知ることが大事だ。

お金のメカニズムは、とっても簡単。

いい? 穴のあいたバケツを想像してみて。

お金を貯めるというのは、このバケツに水を貯めるのと同じ。

出て行く流れを少なくして、入ってくる流れを多くする。

流れの方向がどっちに向いているか? どれだけ貯まったかではなく、流れの方向が重要なんだ。

どんなに少しずつでも入ってくる流れがあれば、お金の流れは、自然に大きくなってくる。逆に、ほんの少しだから大丈夫だろうと思っていても、出ていく流れがあれば、気づいたときには、お金はすっからかん。

「起業してから三年間は赤字だ」なんて、したり顔していう人がいるけど、あれは信じてはいけない。起業したら、最も大事な仕事は、お金がはいってくる流れを、できる限り早くつくることなんだ。

どんなに小額でもいい。

明日は今日より10円多い。今日は昨日より10円多い。昨日は一昨日よりも10円多い。そのように、ちょろちょろと入ってくるお金の流れをつくれるかどうかなんだ。そうすると、ちょろちょろとした流れが呼び水となって、気づいたときには、

ゴォーと音を立てながら、

洪水のようにお金が押し寄せてくる

これ、嘘じゃないよ。

だからね、まず、やって欲しいのは、輸血より止血。バケツの底にあいている穴を防ぐ。言い換えれば、徹底的に、経費を削減する。時間をかけちゃいけないよ。事態は緊急なんだから・・・

一番よくないのはね、いったい、なんでボクは血がでているんだろう、と考えることなんだ。そりゃ、暇なときは考えていいけどね、そもそもドクドク血がでているのを見ながら「あぁ、ボクはなぜ血がでているんだろう」と哲学的に考えている暇はないわけです。取るべき対策で難しいことなんか、これっぽっちもない。要するに、血をとめて、包帯まけばいいわけです。

 

お金の法則

「お金の法則。お金はあることろに集まってくる。お金の法則で重要なのは、お金の残高ではなく、お金の流れが、出て行くほうが多いか、入ってくるほうが多いか。この流れが重要なんです。

バケツの穴が空いていれば、気づいたときには大きい穴になっています。
少しでもお金の入る流れがあれば、ちょろちょろとでもお金の入ってくる流れがあれば、いつしかその流れは川のようになっていくんです。」

これは経営コンサルタント神田昌典さんの言葉。

ギャンブルで負けが込んでいるときに、イチかバチかとやると、身ぐるみ引きはがされてしまう。

 

 

 


Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:借金体質
エントリー:お金の法則

儲からない習慣

神田昌典さんの、毎日送られてくる「仕事のヒント」メールから

 

儲からないのは、単純に、あなたがそう決めているから・・・


ダラダラとビジネスをするな。徹底的にやれ!何が何でも儲けろ!
利益がでないなら、でるように事業を変革しろ!
利益がでない商品は取り扱いを止めろ!
利益がでない活動は、でるように変えろ!
やるなら、とことんまでやる。徹底的にやる。
すると、その事業をやめても、絶対、次の展開に役立つ。

 

喝!!

 

 


Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:借金体質
エントリー:儲からない習慣

貧乏で悩む典型的なタイプというのがある

お金の使い方を知らないタイプ。

少しでもはいってくるとすぐ有頂天になり、ギャンブル、投機などいろんなことにつぎこむタイプ。

 

堅実さというものを身につけるべし。

入ってきた以上に使おうとはせず、入ってきたらそのすべてを使おうとはせず、少しずつ蓄えをしながら生活する。

まずこういう意識、心がけを。それなくしてはキャッシングクレジットから永遠に縁は切れない。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。